市場ニュース

戻る
2016年03月07日10時52分

【材料】明豊エンターが急動意、低位の不動産株で商いも大幅増

明豊エンタ 【日足】
多機能チャートへ
明豊エンタ 【日中足】

 明豊エンタープライズ<8927>が急動意、前週末比11%高の118円まで上値を伸ばす場面があった。

 日銀によるマイナス金利導入を背景に市場金利の低下が顕著となっており、不動産セクターは調達金利の低下や住宅ローン金利引き下げなどフォローの風が強い。特に足もとは流動化ビジネスを手掛ける中小型不動産株に物色の矛先が向いている。同社は新興のマンション開発企業。賃貸アパートの新ブランド「ミハス」事業や中古マンションのリニューアル事業を積極化し業績は回復色を強めている。商いも増勢、低位材料株素地に富む不動産関連として注目が集まっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均