市場ニュース

戻る
2016年03月02日18時46分

【テク】日経平均テクニカル:大幅続伸、16900-17100円辺りのレンジを意識


2日の日経平均は大幅続伸。これまでのもち合いレンジを上放れ、上値抵抗線の25日線を突破している。一目均衡表では上値抵抗として意識されていた基準線を突破した。遅行スパンは切り上がりをみせており、実線に接近。現在の価格レベルでの横ばいが続くようだと、来週にも上方転換シグナルを発生させてくる可能性が高い。価格帯別出来高では商いが膨らんでいた16000-16200円処での踏ん張りから、これを明確に上放れている。さらに、16900-17100円辺りまでは出来高は薄いため、同水準に急接近をみせる格好である。MACDは-160ptまで切り上がっており、2月戻り高値水準を回復してきている。これをクリアし、プラス圏に浮上してくると、リバウンドが本格化する。その他、週間形状では転換線を捉えており、基準線が位置する17480円処や雲下限の17700円処を目指したトレンド形成が今後意識されてくる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均