市場ニュース

戻る
2016年03月01日13時26分

【材料】日産化学が小動き、有力処は来期も増益基調が維持できるとみる

日産化 【日足】
多機能チャートへ
日産化 【日中足】

 日産化学工業<4021>が小動き。前場は売り込まれる場面があったものの、現在は前日終値2547円近辺で推移している。

 岩井コスモ証券は、同社の第3四半期は電子材料や農薬・ペット薬など主力製品が堅調に推移したほか、原料ナフサ安の恩恵もあり全セグメントが会社の内部計画に比べて強含みとなったとリポートで紹介。第4四半期以降も引き続き原料安メリットを享受できる可能性が高いうえ、第3四半期に前倒しされた農業化学品の売上の反動を考慮しても通期の着地は会社予想を上回ると予想。

 同証券は、来期も増益基調が維持できるとみて、投資判断は最上位の「A」を継続。目標株価は3510円から3200円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均