市場ニュース

戻る
2016年03月01日08時07分

【経済】各国中銀:万策尽きたのか、マイナス金利の相次ぐ導入で不安高まる


日本や欧州などの中央銀行が相次いでマイナス金利を導入したことを受け、投資家の間では不安が高まっている。

マイナス金利の導入で銀行の収益が一段と圧迫されるほか、行き過ぎた金融緩和が新興市場の債務を膨らませていると指摘された。また、マイナス金利の導入以外は残されている金融政策など景気刺激策が少なくなっているとの見方が多く、世界同時不況が再びやってくるとの懸念が強まっている。

海外メディアによると、一部の先進国では、財政と金融政策を合体させ、減税もしくは紙幣の増刷で財政支出を拡大させるとの計画が提起されている。また、賃金の全面引き上げを通じて景気後退を防ぐとの考えも出ている。どちらの考えも大きなリスクを伴うと警告され、市場の不安はしばらく継続するとみられている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均