市場ニュース

戻る
2016年02月26日13時32分

【市況】13時30分時点の日経平均は174円高、売買代金上位ではファーストリテ、第一生命など堅調


13時30分時点の日経平均は前日比174.59円高の16314.93円。後場は16300円台前半での小動きが続いている。後場の値幅は80円程度。為替市場では、ドル・円112円84銭、ユーロ・円が124.83銭とほぼ横ばい。時間外の原油先物は0.1%安の33.04ドル。

業種別では小売が上昇率トップ、次いで鉄鋼、食料品、繊維、電気機器となっている。一方、卸売、ゴム製品、銀行などがさえない。売買代金上位銘柄では、買い優勢なかファーストリテ<9983>、NTT<9432>、村田製<6981>、第一生命<8750>、NEC<6701>、日立<6501>などがしっかり。一方、みずほ<8411>、三菱地所<8802>、三井物産<8031>、三菱商事<8058>はマイナス圏で推移。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均