市場ニュース

戻る
2016年02月26日13時05分

【市況】13時時点の日経平均は前日比162.23円高、そーせい、マネパが反落


13時時点の日経平均は前日比162.23円高の16302.57円で推移している。ランチバスケットは30億円の買い越しとの観測。後場の日経平均は16300円レベルでのもみ合いが続いている。なお、長期金利利回りは-0.075%と過去最低を更新。

業種別では鉄鋼、小売、電気機器が堅調。売買代金上位銘柄では、みずほ<8411>が下げに転じているほか、マネーパートナーズ<8732>、そーせい<4565>が利食い優勢となっている。一方、ソフトバンクグ<9984>、トヨタ自<7203>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均