市場ニュース

戻る
2016年02月25日18時54分

【テク】日経平均テクニカル:3日ぶりに反発、現水準キープで3週間後に上方転換シグナル


25日の日経平均は3日ぶりに反発。続伸で始まった後は16000円処での底堅い値動きとなった。一時16200円を回復する場面もみられたが、5日線を挟んでの推移となった。下降する25日線に上値を抑えられる形状ではあるが、煮詰まり感が台頭。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。一目均衡表では転換線、基準線とのレンジ内で推移している。転換線は切り上がりをみせており、基準線突破が次第に意識されてきそうだ。遅行スパンは実線が切り上がりをみせてくるため、現在の水準をキープした場合には3週間程度で上方転換シグナルを発生させてくる。引き続きこの水準を明確に上放れる展開を見極める必要があるほか、この水準を明確に上放れてくるようだと、16900-17000円水準までは比較的早いとみられる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均