市場ニュース

戻る
2016年02月24日09時22分

【市況】日経平均は200円安でスタート、米株安や円高進行を嫌気/寄り付き概況


日経平均 : 15851.13 (-200.92)
TOPIX  : 1274.37 (-16.80)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅に続落で始まった。23日の米国市場では原油安が嫌気され、NYダウは188ドル安となり、この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比270円安の15830円だった。これにさや寄せする格好からの、ギャップ・ダウンで始まると、その後も為替相場で円高に振れていることも嫌気され、一時300円近く下げる場面をみせている。

 セクターは、原油安・円高を背景に海運、鉄鋼、輸送用機器、電気機器、保険、非鉄、卸売、鉱業、機械が軟調。一方で前日に弱い動きだった水産農林が小じっかり。売買代金上位ではトヨタ<7203>、ソフトバンクグ<9984>、メガバンク3行、ファナック<6954>、そーせい<4565>が冴えない。半面、セブン&アイ<3382>、東宝<9602>が小じっかり。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均