市場ニュース

戻る
2016年02月24日09時09分

【材料】さくらインターネット、インフォテリアなどカイ気配スタート、ビットコイン普及に期待感

さくらネット 【日足】
多機能チャートへ
さくらネット 【日中足】

 全般軟調地合いに逆行して、さくらインターネット<3778>、インフォテリア<3853>などがカイ気配でスタートとなった。両銘柄とも金融とITの融合であるフィンテック関連の有力株として人気度が高く、株価の居どころを大きく変えている。ここ調整局面を経て再び買いが集まり始めている。

 24日付の日本経済新聞が「金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が23日わかった。今までは仮想通貨を単なる『モノ』と見なしたが、法改正で『貨幣の機能』を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づける」と報じた。今後ビットコインの普及が本格化する可能性が出てきたことで、改めて両銘柄の株価を刺激する格好となっている。このほか、ビットコインの決済サービスを展開するbitFlyerと提携関係にあるGMOペイメントゲートウェイ<3769>なども買われている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均