市場ニュース

戻る
2016年02月22日12時44分

【市況】日経平均は188円高で後場スタート、前引け値から上げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 16155.83 (+188.66)
TOPIX  : 1302.70 (+10.88)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を広げ、16150円を上回って始まっている。ランチタイムの225先門は16030円辺りからじりじりと下値を切り上げており、現物の後場寄り付き直前には16140円をつけている。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル113円近辺と朝方から円安に振れて推移している。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも上昇しており、小型株指数の強さが目立っている。

 セクターでは、空運、水産農林、食料品、陸運、その他製品、ゴム製品、医薬品が堅調。半面、鉱業、鉄鋼、電力ガス、銀行、精密機器、非鉄金属、石油石炭、証券などが冴えない。売買代金上位では、ソフトバンクグ<9984>、トヨタ<7203>、メガバンク3行が軟調。半面、そーせい<4565>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、サイバネット<4312>、NTT<9432>、JT<2914>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均