市場ニュース

戻る
2016年02月22日10時35分

【市況】10時30分時点の日経平均は先週末比191.81円高、上海株は1%高で開始


10時30分時点の日経平均は先週末比191.81円高の16158.98円で推移している。ここまでの高値は10時16分の16187.40円、安値は9時06分の15816.83円。外部環境を材料に売り優勢でスタートした後は、先物に買戻しが入ったことなどから切り返し、上げ幅をじりじりと拡大している。上海総合指数は先週末比1%高で取引を開始。

売買代金上位銘柄では、サイバネット<4312>が引続き急騰しているほか、ファナック<6954>、任天堂<7974>が先週末比2%超上昇。また、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>が切り返している。一方、ソフトバンクグ<9984>、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>は引続き先週末比1%超マイナスで推移。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均