市場ニュース

戻る
2016年02月19日14時56分

【材料】浜松ホトニクス、国内大手証券は海外の医用、分析業界向けの売上拡大で連続最高益更新とみる

ホトニクス 【日足】
多機能チャートへ
ホトニクス 【日中足】

 浜松ホトニクス<6965>が5日ぶりに反落。ただ、現在は下げ幅をやや縮小している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、前提為替レートの見直しを主要因に同証券業績予想を下方修正し、目標株価を4200円から4000円へ調整している。ただ、海外の医用、分析業界向けの売上拡大による連続最高益更新というエクイティストーリーは変更せず、レーティングは「オーバーウエイト」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均