市場ニュース

戻る
2016年02月18日12時43分

【市況】日経平均は400円高で後場スタート、前引け値から若干上げ幅を広げる/後場の寄り付き概況


日経平均 : 16237.15 (+400.79)
TOPIX  : 1312.29 (+29.89)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて始まっている。ランチタイムの225先物は16180-16230円のレンジ内での推移となり、昼ごろに16180円をつけた後、現物の後場寄付きが近づくにつれて、切り返しをみせていた。昼のバスケットは小幅に買い越しとの観測。円相場は1ドル113円後半で推移しており、やや円高に振れて推移している。

 セクターでは石油石炭、鉱業、その他製品、医薬品、電気機器、パルプ紙、化学、非鉄金属などが冴えない。一方でゴム製品、情報通信が小幅に下落。売買代金上位では、トヨタ<7203>、そーせい<4565>、メガバンク3行、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、村田製<6981>が堅調。一方で、ソフトバンクグ<9984>、ブリヂス<5108>、KDDI<9433>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均