市場ニュース

戻る
2016年02月18日12時05分

【特集】<話題の焦点>=IoT推進ラボ、16の支援事業を決定

グランプリのLiquid関連銘柄に注目
 
 経済産業省をはじめとする産官学の協議会「IoT推進ラボ」は7日、IoT(モノのインターネット)を活用した先進的プロジェクトを選定する「IoT Lab Selection」を開催。約250件の応募の中から最終的に16事業が選ばれた。

 IoT推進ラボは、経産省および総務省を中心に設立されたIoT推進コンソーシアムの下に設置され、総会員数は1月末時点で1375(うち地方自治体など特別会員は19、法人会員は1356)。ラボ3原則(成長性・先導性、オープン性、社会性)に基づき個別のIoTプロジェクトを発掘・選定し、資金面の支援だけでなく、業種・企業規模・国内外の垣根を越えた企業連携やプロジェクト組成を促進する場(マッチングなど)の提供、および事業展開の妨げとなる規制の緩和などを実施することを目的としている。

 選ばれた16事業の中でグランプリに輝いたのは、Liquid(東京都千代田区)が提案した「訪日観光客の滞在快適性向上おもてなしプロジェクト」。指紋の登録で現金やカードなしの決済を可能とする仕組みを構築するとしており、同社に出資するISID<4812>やクレディセゾン<8253>、伊藤忠商事<8001>のビジネス機会拡大が期待される。また、トレイダーズホールディングス<8704>は同社と生体認証システムの研究・開発を手掛ける合弁会社「Liquidマーケティング」を設立しているほか、イオンフィナンシャルサービス<8570>はイオン銀行で同社の生体認証を利用した銀行取引の実証実験を開始しており注目される。

 なお、ほかではオムロン<6645>の「センシングデータ流通市場実現のためのアーキテクチャの技術的・法的検証」や、ホットリンク<3680>の「ソーシャル・ビッグデータ×グローバル・インバウンド」プロジェクト、ソニー<6758>の「IoT社会実装時に適した表示デバイスの開発・事業化」などが選ばれている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均