市場ニュース

戻る
2016年02月18日10時40分

【経済】(中国)上海総合は0.50%高でスタート、原油高など外部環境の改善を好感


18日の上海総合指数は買い先行。前日比0.50%高の2881.78ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.48%高の2881.02ptで推移している。ロシアやサウジアラビアなど4カ国による原油生産量維持の提案に対して、イランが支持を表明した。これを受け、原油先物が急速に上昇。国内では、全国人民代表大会(国会に相当)などが来月初めに開催する予定で、政策期待が引き続き高い。また、人民元をサポートするとの当局の姿勢も好感されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均