市場ニュース

戻る
2016年02月17日16時05分

【材料】DWTI子会社が角膜疾患治療薬の研究開発を目的に同志社大と共同研究契約を締結

DWセラピ研 【日足】
多機能チャートへ
DWセラピ研 【日中足】

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576>がこの日の取引終了後、連結子会社の日本革新創薬が、同志社大学(京都市上京区)と、角膜疾患治療薬の研究開発を目的とした共同研究契約を締結したと発表した。

 同志社大では、眼内の細胞増殖促進または細胞障害抑制による角膜内皮治療薬の開発に関する研究が行われていることから、共同研究では、これらの知見をもとに日本革新創薬と角膜疾患治療薬の開発に向けた研究を行う。具体的には、日本革新創薬が提供する新薬候補化合物について、同志社大が保有する病態モデル細胞を用いて薬効評価などを実施し、臨床試験に進められる開発品を選定する。また、共同研究に伴い、今後、同志社大が出願中の特許の実施権については、日本革新創薬が実施許諾を受け、治療薬の研究開発を進めていくとしている。なお、同件による16年12月期業績予想の変更はないという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均