市場ニュース

戻る
2016年02月16日10時43分

【材料】ミネベア、国内調査機関は現在の株価は売られ過ぎの水準と解説

ミネベア 【日足】
多機能チャートへ
ミネベア 【日中足】

 ミネベア<6479>が小幅続伸。マイナススタートとなったものの、売り一巡後は買いが優勢の流れ。プラス圏での推移となっている。

 TIWでは、スマホ市場の世界的な停滞を背景にLEDバックライトが大きく減速する見通しとなったものの、同市場で同社の競争力や強みが低下した訳ではないと指摘。主力のボールベアリングは堅調な他、買収した事業の収益貢献も徐々に進みつつあるとの見方で、今後の業績が大きく崩れる懸念は少ないと解説。

 現在の株価は売られ過ぎの水準とみて、レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均