市場ニュース

戻る
2016年02月12日16時06分

【特集】キャリアリンク Research Memo(4):通期は増収増益を見込むが、売上高は計画を上回る可能性も


■今後の見通し

(1) 2016年2月期業績見通し

キャリアリンク<6070>の2016年2月期の業績は、売上高が前期比17.4%増の16,368百万円、営業利益が同14.4%増の951百万円、経常利益が同14.2%増の938百万円、当期純利益が同15.4%増の562百万円と期初計画を据え置いている。前述したとおりマイナンバー関連業務が第4四半期に入って本格稼働し始め、また、その他BPO案件も順調に推移していることから、売上高については計画をやや上回る公算が大きい。また、利益に関しても第4四半期からマイナンバー関連が貢献し始めることや新たな費用増要因はないことなどから、会社計画の達成は可能と弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均