市場ニュース

戻る
2016年02月12日09時06分

【市況】個別銘柄戦略:PBR1倍接近でリバウンド狙いの打診買いも


欧米株安、円高など外部環境の悪化は引き続き継続する状況となっている。とりわけ、金融関連株や自動車などの輸出関連株には買い手控えのムードが続く公算。金融関連では野村HDに複数で投資判断格下げの動きが観測されているもよう。一方、ドル円相場は安値からやや持ち直してきているほか、PBR水準も1倍に急接近してきている。売り一巡後は突っ込み警戒感の強い銘柄、好材料のある銘柄などに自律反発を狙った打診買いの動きなども期待したい。円高メリット銘柄、金関連銘柄などのほか、ダイフク、THKなど好決算発表銘柄の一角の個別物色に関心。決算関連では、好業績発表が目立つ建設株などにも関心が集まる可能性。その他、日産やソフトバンクの決算はややポジティブだが、全体相場の軟化に押される可能性も。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均