市場ニュース

戻る
2016年02月10日08時48分

【材料】鹿島は想定以上に建築利益率が向上、SMBC日興証券(花田浩菜)

鹿島 【日足】
多機能チャートへ
鹿島 【日中足】


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

ゼネコン各社の決算を受けて、目標株価の引き上げが多く見られましたのでご報告です。

鹿島<1812>は想定以上の建築利益率向上を踏まえ、SMBC日興証券予想が増額され、目標株価も870円から1,000円に引き上げられました。
投資評価は最上位の「1」継続です。

『不採算工事の解消による利益率改善余地が残ることから、大手ゼネコンの中では15/3 期から17/3期にかけてもっとも利益改善が見込める銘柄として、トップピックと位置付けている』ようです。

大成建設<1801>、大林組<1802>、清水建設<1803>なども投資評価「1」で目標株価が引き上げられています。

ゼネコンの業界環境は良好ですね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均