市場ニュース

戻る
2016年02月09日10時33分

【材料】東京製綱は底堅い、東海東京が「アウトパフォーム」継続

東京綱 【日足】
多機能チャートへ
東京綱 【日中足】

 東京製綱<5981>が軟調も低位株の強みを発揮し、140円台前半で底堅い。同社は8日午後1時、16年3月期第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算を発表。売上高は478億7000万円(前年同期比10.6%減)と減少したものの、営業利益は27億9000万円(同8.2%増)と増益を確保した。エレベータロープが好調に推移しているほか、高速道路の安全対策関連製品が拡大、炭素繊維複合材ケーブル(CFCC)の量産化なども業績を牽引している。

 東海東京調査センターが8日付で同社株のレーティングを「アウトパフォーム」継続でフォローしており、これも押し目買いを誘う手掛かりとなっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均