市場ニュース

戻る
2016年02月09日10時02分

【経済】2016年の悲惨指数:ベネズエラが1位、日本は60位


ブルームバーグが発表した2016年の悲惨指数(ミザリー・インデックス、失業率+インフレ率、対象は63カ国)によると、ベネズエラは昨年に続き、今年も1位になった。アルゼンチンやサウス・アフリカ、ギリシャ、ウクライナはその後に続いた。

ベネズエラのインフレ率は2015年に98.3%まで急騰したほか、失業率も6.8%まで上昇。また、今年の同国のインフレ率と失業率は、それぞれ152%、7.7%まで上昇すると予測されている。

また、2位のアルゼンチンの統計局が統計データの見直しを進めていると報じられている。同国の統計データは数年前から疑問視されてきた背景がある。

これとは対照的に、タイの悲惨指数は最も低く、幸福度が最も高いといわれている。55-62位では、中国香港、デンマーク、中国、韓国、中国台湾、日本、スイス、シンガポールなどが並んだ。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均