市場ニュース

戻る
2016年02月08日18時48分

【テク】日経平均テクニカル:5日ぶりに反発、17000-17200円処の抵抗を試すか


8日の日経平均は5日ぶりに反発。売り先行で一時16600円を下回る場面もみられたが、その後は切り返しをみせており、上値抵抗の5日、25日線に接近。ボリンジャーバンドでは-1σを下放れるとみられたが、結果的には-1σ水準での底堅さが意識された。バンドは収れんしてきており、煮詰まり感が意識されてくる。一目均衡表では転換線が上値抵抗として意識されている。MACDはシグナルとの乖離が縮小しているが、陽転シグナルが継続している。17000-17200円は価格帯別で商いが膨れているところであり、再び捉えてくるようだと、商いの薄い17300-18500円辺りを窺う可能性が出てくる。まずは17000円処の抵抗から、5日線、25日線を目指したいところ。17000円処での戻りの鈍さが意識されてくると、再び16000円前半が警戒されてくる。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均