市場ニュース

戻る
2016年02月05日10時44分

【経済】(中国)上海総合は0.07%高でスタート、春節大型連休前で神経質


5日の上海総合指数は買い先行。前日比0.07%高の2783.08ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時41分現在、0.22%高の2787.23ptで推移している。今週末から春節(旧正月)大型連休に入るため、神経質なムードが強い。一方、人民元が米ドルに対して大幅続伸していることが好感されている。中国人民銀行(中央銀行)が4日に元の対米ドル仲値を大幅に引き上げたことなどが支援材料となったもようだ。また、当局が適格海外機関投資家(QFII)スキームの規制を緩和すると発表したことも外資の流入期待を強めている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均