市場ニュース

戻る
2016年02月05日03時55分

【市況】NY金:続伸で1157.50ドル、米追加利上げ観測後退で安心感や割安感からの買い続く


 NY金は続伸(COMEX金4月限終値:1157.50↑16.20)。1149.60ドルから1157.80ドルまで上昇した。この日発表の米国の新規失業保険申請件数、労働生産性、製造業受注が軒並み悪化し、連邦準備理事会(FRB)の追加利上げ観測が後退。買い安心感が広がったことや、ドル安進行による割安感も強まったことで、金の買いが継続した。



 そうしたなか、NYダウが一時150ドル近くまで上げた辺りでは、利益確定とみられる売りが優勢になったもよう。しかし、その後もNYダウの上昇幅縮小をみて、金の買いが再開された。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均