市場ニュース

戻る
2016年02月03日12時40分

【市況】原油安を手掛かりにヘッジファンドによる売り仕掛け的な売買/後場の投資戦略


日経平均 : 17,194.17 (-556.51)
TOPIX  : 1,401.18 (-50.86)

[後場の投資戦略]

 日経平均は日銀のマイナス金利政策導入で上昇した部分をほぼ帳消しにしており、センチメントが悪化している。17000-17200円辺りが比較的出来高が膨れている価格帯であるため、この辺りでの踏ん張りをみせておきたいところ。これを割り込んでくるようだと、真空地帯である16500円処を一気に割り込んでくる可能性がある。政府系ファンドというよりは、ヘッジファンドによる売り仕掛け的な売買であろう。
 原油相場を睨みながらの展開であり、これを避ける格好から、中小型株やテーマ株等へ短期資金がシフトしやすいだろう。その他、好業績銘柄のポジティブな反応も限られやすく、それ故に外部環境の落ち着きがみられた時の見直しも強まりやすい。好業績銘柄の押し目を探る流れになりそうだ。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均