市場ニュース

戻る
2016年02月03日12時27分

【材料】出光興産は堅調、16年3月期最終損益130億円の赤字への修正も織り込み済み

出光興産 【日足】
多機能チャートへ
出光興産 【日中足】

 出光興産<5019>は堅調。同社は2日の取引終了後、16年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を従来予想の4兆900億円から3兆7500億円(前期比19.0%減)へ、営業損益を400億円の黒字から30億円の黒字(前期1047億9800万円の赤字)へ、最終損益を280億円の黒字から130億円の赤字(同1379億5800万円の赤字)へ修正した。原油価格の大幅な下落により在庫評価損が従来予想の430億円から800億円へ増加することで最終赤字になるが、株価は原油安を要因に1月21日に1597円の昨年来安値を更新していたことから、業績悪は織り込まれているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均