市場ニュース

戻る
2016年02月02日19時11分

【材料】J-TEC---3Q業績は2ケタ以上の増益、先進安全技術などの自動車関連分野で需要堅調

ジェイテック 【日足】
多機能チャートへ
ジェイテック 【日中足】


製造業向けの技術開発や製品設計に関する人材派遣・業務請負を手掛けるジェイテック<2479>は1日、第3四半期累計(2015年4-12月期)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比1.0%減の24.67億円、営業利益が同61.9%増の0.17億円、経常利益が同71.0%増の0.16億円、純利益が同4.7倍の0.13億円と各利益で2ケタ以上の増益を達成した。

主力の技術職知財リース事業において、先進安全技術など自動車関連分野や産業用機器関連、電子・電気機器関連への技術者需要が増加し、稼働率が高水準で推移したことが増益を牽引した。一般派遣及びエンジニア派遣事業では子会社の新規設立や他社からの事業譲受による販管費増加があったが、技術職知財リース事業の増益でカバーした格好。

通期業績見通しは従来計画を据え置いた。売上高が前期比8.2%増の36.21億円、営業利益が同68.0%増の1.33億円、経常利益が同69.8%増の1.32億円、純利益が同89.7%増の1.10億円を見込んでいる。

同社は「技術商社」を標榜する総合人材サービス企業。製造業で技術開発や製品設計を行う高度技術者(テクノロジスト)の人材派遣や請負(アウトソーシング)を手掛ける。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均