市場ニュース

戻る
2016年02月02日14時17分

【材料】国内大手証券、銀行株の株価下落は行き過ぎとの見解、トップピックは三井住友トラストHD

三井住友トラ 【日足】
多機能チャートへ
三井住友トラ 【日中足】

 野村証券の銀行セクターのリポートでは、主要行決算はトップライン収益、与信費用面などリスク面含め、総じて上期までの基調を維持し、内外マクロ環境悪化の影響は見受けられないと指摘。日銀によるマイナス金利導入は想定外としながらも、大手行収益への影響は限定的とみて、年初以降の株価下落は行き過ぎ、バリュエーションには割安感があると解説。

 個別では、三井住友トラスト・ホールディングス<8309>のトップピックを継続し、業績動向が良好なみずほフィナンシャルグループ<8411>と三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>の「バイ」も継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均