市場ニュース

戻る
2016年02月02日10時16分

【材料】トーカロが反落、第3四半期は24.2%営業増益も利益確定売り

トーカロ 【日足】
多機能チャートへ
トーカロ 【日中足】

 トーカロ<3433>が反落、一時前日比199円安の2180円まで売られている。同社は1日の取引終了後、16年3月期第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算を発表。売上高は218億300万円(前年同期比14.6%増)、営業利益は41億3800万円(同24.2%増)、純利益は27億1600万円(同23.4%増)と2ケタ増収増益を達成したが、株価は1日まで続伸後とあって、この日は利益確定売りなどに押されている。溶射加工は、半導体・液晶分野向けが増加、PVD処理加工は、日本コーティングセンターの明石工場開設が寄与している。

 通期業績は売上高275億円(前期比5.5%増)、営業利益48億6600万円(同6.5%増)、純利益32億2200万円(同6.3%増)と従来見通しを据え置いた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均