市場ニュース

戻る
2016年02月01日14時28分

【市況】米系大手証券、マイナス金利ポジティブセクターは不動産、公益、陸運、外需全般

 米系大手証券の日本株投資戦略では、日銀がマイナス金利政策を導入した事を受け、株式市場にとってポジティブ・サプライズで日本株がリバウンド局面に入る可能性が高まったと指摘。

 イールドカーブのフラット化に伴い、BondRefugees銘柄(高配当、大型、ディフェンシブ)が改めて注目されるとみて、セクターでは、不動産、公益、陸運に対して「ポジティブ」、銀行、保険に対して「ネガティブ」と解説。円高リスク軽減の観点から、外需セクター全般にも恩恵があると予想している。
《MK》

株探ニュース




【関連記事・情報】

日経平均