市場ニュース

戻る
2016年01月29日12時14分

【材料】GMOPG、仏系有力証券が投資判断を新規最下位に設定、一部で利食い売りニーズを指摘する声も

GMO-PG 【日足】
多機能チャートへ
GMO-PG 【日中足】

 GMOペイメントゲートウェイ<3769>が大幅反落。ウリ気配で始まり、その後も下げ幅を拡大。現在は今日の安値圏で推移している。

 仏系有力証券では、「成長率は魅力的」としながらも、株価水準は高すぎるとみて、レーティング「売り」、目標株価4700円でカバレッジを開始。

 市場では、岩井コスモ証券のカバレッジを開始(レーティング「A」:27日付)で、昨日の株価が大きく上昇したことにより、「利食い売りが出やすくなっている」との見方も挙がっているようだ。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均