市場ニュース

戻る
2016年01月29日09時07分

【市況】個別銘柄戦略:決算銘柄に関心向かうが、主力株は総じてネガティブ


日銀金融政策決定会合の結果発表を控えて、買い先行後は様子見ムードの強まる展開となろう。政策変更の有無などは見方が五分五分、結果発表を受けてストレートな反応が想定される状況だろう。外部環境は良好であるが、前日に決算発表の主力銘柄は総じてネガティブなものが多い印象。ファナック、コニカミノルタ、NEC、日立建機、オムロン、CTC、中外製薬などはネガティブと捉えられそう。引き続きハイテク株に業績警戒感が強まっていく可能性。一方、小糸製、カプコン、OLC、藤田観光などはポジティブか。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均