市場ニュース

戻る
2016年01月28日09時53分

【材料】弁護士コムが5連騰、第3四半期好決算とインベスターズCとの業務提携を評価

弁護士COM 【日足】
多機能チャートへ
弁護士COM 【日中足】

 弁護士ドットコム<6027>が5連騰。27日の取引終了後に発表した第3四半期累計(15年4~12月)単独決算で、売上高7億7700万円(前年同期比68.6%増)、営業利益2億1800万円(同2.6倍)と大幅増収増益となったことが好感されている。弁護士ドットコムニュースの好調を背景に月間サイト訪問者数が増加し、また、累計法律相談件数や有料会員数が順調に増加したことが業績を押し上げた。なお、16年3月期通期業績は売上高10億8600万円(前期比57.3%増)、営業利益2億8500万円(同81.8%増)の従来予想を据え置いている。

 また同時に、インベスターズクラウド<1435>と業務提携したと発表しており、これを好材料視した買いも入っている。今回の提携は、インベスターズCが27日にオープンした相続税に関する相談が行えるえるサイト「TATERU 相続税デスク」に登録しているユーザーに対し、弁護士ドットコムが、「税理士ドットコム」に会員登録をしている税理士のうち「相続税」の分野を得意とする税理士を、初回相談無料で紹介するというもの。相続分野に関する悩みを抱えているアパートオーナーに税理士を紹介することで、税理士紹介サービスの商圏拡大を図るのが狙いとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均