市場ニュース

戻る
2016年01月27日18時46分

【テク】日経平均テクニカル:大幅反発、5日線が支持線として機能する格好に


27日の日経平均は大幅反発。ギャップ・アップで始まると、その後は一時17200円を回復する場面もみられた。これにより5日線が支持線として機能する格好となったほか、ボリンジャーバンドでは-1σを上回っての推移が続いている。-2σは下降が緩やかとなり、ボトム形成が意識されてくる。新値足は3本足が陽転しており、これをダマシとするには終値で16017円を下回る必要がある。一目均衡表では再び転換線をクリアしているほか、週足形状では下ひげを残す格好から、雲下限が位置する17700円処が意識されてくる。月足ベースでは24ヶ月線(17510円)に接近してきており、週末終値でクリアできると、目先のボトム形成の可能性が高まる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均