市場ニュース

戻る
2016年01月27日03時52分

【市況】NY金:続伸で1120.20ドル、米利上げペースに関する思惑などから買いか


 NY金は続伸(COMEX金2月限終値:1120.20↑14.90)。1109.70ドルから1120.70ドルまで上昇した。26-27日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きが広く予想され、今後の利上げペースについても緩やかになるとの思惑からか、金の買いが優勢になった。



 外部環境としては、NY原油先物が反発、米住宅・消費者センチメント関連の指標は改善、米株は大幅上昇で、金の売り材料ばかりだが、対ポンドやユーロではドル売り優勢気味。さて、次の取引の中心となる4月限の値動きは、高値が1121.20ドル、安値が1110.20ドル、引けは1120.60ドル(前日比15.00ドル高)、であった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均