市場ニュース

戻る
2016年01月25日16時38分

【材料】JSRの第3四半期は減収減益、合成ゴムの販売減や市況低迷などでエラストマー事業が苦戦

JSR 【日足】
多機能チャートへ
JSR 【日中足】

 JSR<4185>は25日引け後、16年3月期第3四半期累計の連結決算を発表した。売上高は前年同期比3.7%減の2944億7800万円、営業利益は同3%減の294億6600万円で着地した。

 同社の売上高の半数近くを占めるエラストマー事業部門で、合成ゴムの販売が国内タイヤ生産の低調等により販売数量が減少したことに加え、市況の低迷もあり売上高が減少、販売量が減少した他、合成ゴム及びブタジエンの需給バランス悪化によるスプレッド縮小も継続し、利益も前年同期を下回った。

 据え置かれた通期の連結営業利益は前期比7.7%増の410億円の見通しで、進捗率は71.9%となっている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均