市場ニュース

戻る
2016年01月25日12時37分

【材料】OTSが後場カイ気配、「OTS167」の急性骨髄性白血病に対する第1/2相臨床試験を開始

オンコセラピ 【日足】
多機能チャートへ
オンコセラピ 【日中足】

 オンコセラピー・サイエンス<4564>が後場に入りカイ気配で推移している。前引け後に、臨床開発中のMELK阻害剤「OTS167」について、急性骨髄性白血病に対する第1/2相臨床試験を開始すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

 同臨床試験は、急性骨髄性白血病の患者を対象に安全性や推奨投与量の確認を行い、確認後には、急性骨髄性白血病を含む予後不良の各種白血病についてのPOC(Proof of Concept=有効性や安全性を含めて作用機序などが臨床において妥当であることの証明)を獲得することを目的としたもの。治験は米シカゴ大学で行われる予定で、大学の治験審査委員会の承認が得られ次第、患者登録を開始するとしている。なお、16年3月期業績への影響は判明次第公表するとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均