市場ニュース

戻る
2016年01月22日15時43分

【市況】米系大手証券、当面の下値メドはTOPIX1175ポイント、日経平均1万4500円

 米系大手証券の日本株投資戦略では、TOPIXは直近ピークから23%下落、日経平均は直近ピークから23.2%下落したため、日本の株式市場が弱気相場の領域に入った可能性があると指摘。

 政府・日銀による政策対応を前提に、短期的な株価の下落余地は限定的と考えるものの、世界経済の後退リスクはなかなか払拭されず、株式市場は年間を通じてボラティリティが高くなると解説。

 当面の下値メドを、TOPIX1175ポイント、日経平均1万4500円と予想している。
《MK》

株探ニュース

日経平均