市場ニュース

戻る
2016年01月20日15時23分

【市況】CNOOCが6.0%安、17年ぶり減産計画を嫌気


20日の香港マーケットでは、石油生産大手の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が急落。前日比5.99%安の6.59香港ドルで前場の取引を終了した。
業績計画の内容を嫌気。同社は19日引け後、2016年の経営戦略を発表し、年間の設備投資額を600億人民元(約1兆725億円)以下に抑える方針を明らかにした。15年推計値の672億人民元を11%下回る水準。また、原油・天然ガスの生産目標は4億7000万~4億8500万BOE(石油換算バレル)を計画。15年推計値の4億9500万BOEを2~5%下回る規模に設定した。
香港メディアによると、設備投資の規模はここ4年で最も低い水準。減産目標の設定は1999年以来、17年ぶりという。原油相場の下落が続くなか、慎重なスタンスを維持する構えだ。
足元の原油安も逆風。原油相場は昨夜、WTI原油先物が大幅続落し、約12年4カ月ぶりの安値を付けた。業績への悪影響が懸念されている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均