市場ニュース

戻る
2016年01月20日09時36分

【材料】ネクスグループが急落、15年11月期営業損益5億2900万円の赤字と計画未達を嫌気

ネクスG 【日足】
多機能チャートへ
ネクスG 【日中足】

 ネクスグループ<6634>が急落、一時前日比95円安の680円まで売られている。

 同社は19日の取引終了後、15年11月期連結決算を発表、売上高は従来予想の113億7700万円に対して74億1600万円(前の期比16.3%増)、営業損益は9億9000万円の黒字に対して5億2900万円の赤字(前の期8200万円の黒字)、最終損益は7億6900万円の黒字に対して4500万円の赤字(同6億3000万円の黒字)と計画未達だったことが嫌気されている。新製品のうちの1種「OBD2型データ収集ユニット」の販売において、大手自動車関連企業に対しODM生産を行ない製品の提供を行なう予定だったが、顧客からの仕様変更の要求が有り追加開発を行い販売計画が大きく遅れている。

 16年11月期の連結業績は売上高129億1000万円、営業損益1億1200万円の黒字、最終損益3億800万円の赤字を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均