市場ニュース

戻る
2016年01月19日15時04分

【市況】米系大手証券、ゼロ円端末停止が定着なら通信キャリアの収益に対して現時点では中立

 ゴールドマン・サックス証券の通信サービスのリポートでは、1月16日付の日本経済新聞が、NTTドコモ<9437>が近く、iPhoneなど主力端末の価格を1万円~2万円引き上げ、その後さらに段階的に引き上げる、などと報じたことについて、報道が事実だとして、今後、ゼロ円端末廃止に関しては、他社が追従して取り組みが定着するか否か注意深く見守る必要があると指摘している。

 同証券ではまた、ゼロ円端末停止が定着した場合、通信キャリアの収益に対して現時点では中立と考えるものの、長期利用者優遇施策のやり方次第で、若干のプラス要因となる可能性があると解説している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均