市場ニュース

戻る
2016年01月19日10時27分

【材料】鳥居薬品が反発、抗HIV薬や高リン血症治療剤の販売が好調で上方修正

鳥居薬 【日足】
多機能チャートへ
鳥居薬 【日中足】

 鳥居薬品<4551>が反発。株価は一時、前日比173円高の2667円まで買われている。

 同社は昨日引け後、15年12月期通期非連結業績の上方修正を発表。売上高は従来予想の613億円から623億7000万円(前の期と比べ7.4%増)に、営業利益は同40億円から49億1000万円(同2.4%減)に、純利益は26億円から35億2000万円(同3.7%増)に引き上げている。

 主力品の「ツルバダ配合錠(抗HIV薬)」や「スタリビルド配合錠(抗HIV薬)」、「リオナ錠(高リン血症治療剤)」の販売が好調に推移したと発表。販売費の節減に取り組んだ効果や特別利益に土地売却益を計上したこも修正要因として挙げている。
《MK》

株探ニュース




日経平均