市場ニュース

戻る
2016年01月18日15時35分

【材料】川崎重工、国内有力証券がレーティングを引き下げ、新目標株価は390円に

川重 【日足】
多機能チャートへ
川重 【日中足】

 岩井コスモ証券は18日引け後、川崎重工業<7012>のレーティングを「B+」から「B」へ、目標株価を530円から390円に引き下げた。

 同証券では、ブラジルの造船ビジネスで221億円の損失が計上されるとの発表を受け、今後さらに数十億円規模の損失拡大が懸念されると指摘。造船ビジネスでは、今回以外の案件にも不透明さが残るとして、同ビジネスでの悪材料の追加発生を警戒。また、建設機械用の油圧機器での需要低下や新興国での二輪車販売減速などが業績の懸念材料になる恐れがあるとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均