市場ニュース

戻る
2016年01月18日15時06分

【市況】国内有力証券、今週の突っ込みは中期投資のタイミング

 東海東京調査センターでは、日本株は外部環境悪化の影響を受けているものの、テクニカル指標、バリュエーションともにボトム圏にあると指摘。

 28~29日に日銀の金融政策決定会合を控え、円高と原油安で物価見通しを下方修正する可能性が大きいとみる中、前回、「補完」という言葉で市場を混乱させただけに、今回は明確に「追加緩和」に踏み切る確率は大きいと想定。

 日米の金融政策の修正時期が近づいているとみて、「今週の突っ込みは中期投資のタイミング」との見解を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均