市場ニュース

戻る
2016年01月18日11時30分

【為替】東京為替:ドル・円は117円20銭台で推移、中国本土株反転を意識してドルは下げ渋る


ドル・円は117円22銭近辺で推移。ドルは一時117円36銭まで戻した。日経平均株価は300円安で推移しているが、中国本土株は反転、上昇していることから、リスク回避的な円買いが再び広がる可能性は低いとみられている。ここまでのドル・円は116円70銭から117円36銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.0894ドルから1.0928ドルで推移。

ユーロ・円はやや下げ渋り、127円47銭から127円94銭で推移。

■今後のポイント
・東京株安は一段落
・中国株は反転、上昇

・NY原油先物(時間外取引):高値29.28ドル 安値28.36ドル 直近値29.14ドル

【要人発言】
・ルー米財務長官
「中国の劉鶴氏と中国の市場との対話について電話協議を行った」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均