市場ニュース

戻る
2016年01月15日12時24分

【材料】白鳩---16年8月期第1四半期経常利益は2.8倍と大幅増、中国など海外事業戦略に注力

白鳩 【日足】
多機能チャートへ
白鳩 【日中足】


白鳩<3192>は13日、2016年8月期第1四半期(15年9-11月)決算を発表した。売上高が前年同期比26.3%増の11.50億円、営業利益が同2.6倍の0.48億円、経常利益が同2.8倍の0.49億円、四半期純利益が同2.9倍の0.30億円と大幅な増収増益で着地した。

気候変動に速やかに対応できる品揃えの充実を図る体制の構築、在庫管理の徹底、顧客対応品質の向上、及びリピート顧客へのアプローチ強化に努めた。また、中国のTmall(天猫)国際における同国最大のイベント「独身の日(W11)」商戦で多くの新規顧客を獲得するなど、中国を中心とする東アジアへの海外事業戦略にも注力した。

16年8月期については、売上高が前期比9.9%増の46.09億円、営業利益が同34.2%増の2.14億円、経常利益が同25.5%増の1.95億円、純利益が同34.3%増の1.32億円とする期初計画を据え置いている。

《YF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均