市場ニュース

戻る
2016年01月15日11時29分

【材料】九電工、欧州大手証券は屋内線、空調工事の広がり、発電事業拡大により増益基調が続くと予想

九電工 【日足】
多機能チャートへ
九電工 【日中足】

 九電工<1959>が反発。買い気配で始まり、寄り付いた後も買い意欲の強い展開。現在は今日の高値圏で推移している。

 UBS証券では、市場ではメガソーラー建設の減少に対する消極的な見方が多いものの、屋内線、空調工事の地域的な広がり、発電事業の拡大により増益基調が続くと予想。受注増加や九州域外での成長が続いていることも評価して、株価は依然割安と解説。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価を3000円から3500円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均