市場ニュース

戻る
2016年01月15日10時01分

【市況】10時時点の日経平均は前日比111.47円高、村田製、ソフトバンクグがしっかり


10時時点の日経平均は前日比111.47円高の17352.42円で推移している。原油価格上昇を受けて米国株は反発。外部環境の改善を受けて、東京市場は買い優勢でスタートしている。先物市場では225先物が17610円まで上げ幅を拡大したが、買戻し一巡後は新規の買いは進まず日経平均は失速。日経平均は上げ幅を徐々に縮小している。

売買代金上位銘柄では、村田製<6981>、ソフトバンクグ<9984>、NTT<9432>、シャープ<6753>、ホンダ<7267>、ファナック<6954>がしっかり。一方、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、日産自<7201>、川重<7012>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均