市場ニュース

戻る
2016年01月14日14時29分

【為替】東京為替:インドネシアルピアは急落、ジャカルタでの複数の爆発で


インドネシアルピアは1ドル=1.3850ルピア付近から一時13982ルピアまで急落した。その後はもみ合いとなっている。通信社によると、14日午後、首都ジャカルタ中心部で複数の爆発が発生し、その後銃撃戦となったもよう。警察当局は、少なくとも1件の爆発は自爆によるものとみている。この事件が嫌気され、ルピア売りが強まった。


なお、ドル・円は117円29銭から117円68銭、ユーロ・ドルは1.0876ドルから1.0897ドル、ユーロ・円は127円75銭から128円08銭で取引されている。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均